• 浅井郁子

高齢者の話し相手


昨年、「おひとりさまもこのまちで、安心して最期まで暮らそう」 というテーマのフォーラムに、民生委員としてパネリストとなり参加した。 テーマのサブタイトルは「ご本人の思いに寄り添える地域を目指して」 でも私は「ご本人が地域に寄り添うことが大事である」と話す。

おひとりさまの高齢者とのかかわりの中で感じること それは「淋しさ」「漠然とした不安」「孤独」をみなさんやはりもたれているということ。 だから「だれかと話をしたい」「だれかと繋がっていたい」と皆さん思っている。 けれども、ここが肝心だが、話す相手やつながる相手は“誰でもいいわけではない”。 「話をしたい」相手は、自分の話をただ聞いてくれる相手ではない。

高齢者サロンなどの居場所づくりが盛んに行われている。

そこに行って高齢者同士でおしゃべりするのは楽しいもの。 でも、自分から足を運べない方も多い。 「どんな人が来ているかわからないから不安」 「用意された場所に行くのは誰かの支援を受けているイメージがあってイヤ」 「そもそも高齢者ばかりが集まるところに魅力を感じない」などなど。

じゃあ、例えば同じ趣味をもっている人と話すことができたら? 共通の話題で盛り上がることができたら? 自分が知っていることを教えられるような相手と話すことができたら? そう思っているように感じることがある。 訪問したときに、長年されている趣味の話を、手作りされた物を、以前していた仕事の話を、嬉しそうに自慢げにされる高齢者が多いから。

考えてみたら当たり前のこと。 長く生きてこられているのだから、お年寄りには何かしらのストロングポイントがある。 それを認め合うことができて、つながりをもつことができたら、高齢者の方々はほんとに生き生きとなるのではないだろうか。 それは「支援」といったものではなくて「対等な関係」のような。 もしくは、高齢者のほうが「指導者のような立場になる関係」のような。 高齢者の話し相手には、マッチングがとても重要だと感じる。


28回の閲覧

最新記事

すべて表示

最後だけでも

最後の最後に支援を受け入れてくれて、孤独死にならなくてよかった。 病院で息を引き取られた。 ついにヘルパーさんが入ってくれたとき、 「手助けがあって安心ですね」 というと、微笑んで頷かれた。 「体調に何かあったら、ヘルパーさんに伝えてくださいね」 というと、頷かれた。 同じ目線になる、フラットな立場になる、向き合うことの大切さを教えてくれる。 それにしても、ヘルパーさんたちには、お仕

SOSを発信してくれた人に感謝

支援拒否だった方にようやくヘルパーが入った。 ギリギリのところでSOSを発信してくれた。 ようやく人の手を借りることを受け入れてくれた。 本人に感謝したい。 伝わっていたことに感謝したい。 包括のプロの対応に感嘆した。 行政から「やはり人への尊厳ですね」という言葉が聞けてうれしかった。 尊厳を忘れずに・・・いや、忘れるわけはない どのような生活状態になっていようと、 どうしようもなくな

まわりがあきらめないこと

人は人とのかかわり合いで成り立つのだろうな。 あきらめちゃだめだな、こうなんだという決めつけもダメ。 勝手に判断してた。 本人もどこかの施設に入りたいといってたし。 認知症だという自覚もあるから不安だといってるし。 私もそう思ってた。 でも、ヘルパーが入って生活支援する人がかかわり そうすると、なんだか元気になっていく。 肌ツヤもよくなり、しっかり歩いているし 「何とかやってます」

©  Writer Ikuko Asai